読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォー女子大生キャリアカウンセラー日記

心理学を学んだり、キャリアカウンセリングしたり、ポスクロやったりしてます。

アイドルファンなら絶対楽しめる『推しが武道館いってくれたら死ぬ』~2017年3月の読書記録

あと30分ほどで5月ですが、今更3月の読書を振り返ってみます。

2017年3月に読んだ本からピックアップ

推しが武道館いってくれたら死ぬ

推しポイントやあらすじ

Amazonプライム・ビデオで観た『アニマゲー』のガチ推し漫画特集で存在を知り、1巻がKindle Unlimited対象だったので読んでみました。

結果、読み終わってすぐ2巻を買うほどはまりました。いろいろな要素があるので、何かしら楽しめると思います。以下ネタバレあり。

  • 絵がきれい。特に女性がきれいに描かれている。アイドルも、主人公も
  • アイドル好きは読んでいて「あるある」と楽しめるのでは…?
  • 百合要素あり
  • 主人公やその仲間の名言(迷言)もいい
  • 登場人物の背景や性格が丁寧に描かれている

ChamJamという地下アイドルグループの古参ファンえりぴよが主人公。ChamJamの中ではあまり人気のない舞菜を推しているが舞菜は塩対応で…。それでも舞菜を推し続けるえりぴよとファン仲間、そして舞菜をはじめとしたChamJamメンバーの物語です。

アイドルオタクあるある

ももクロしか知らないので、他のアイドルは違うかもしれませんが、「あるある!」と思って楽しめたポイントをいくつか。

推しと接近できる・話せるチャンスでも近寄れない・話せない
近寄りたいわけではないんです。ただ応援したいだけ。電車の中で見かけてしまった場合も嬉しいというよりどうしていいかわからなくて焦る。たぶん声をかけず立ち去る。

生写真を他メンバー推しと交換し合う
ももクロもですが5枚1,000円でどのメンバーのどの生写真が入っているかわからない。なので他メンバー推しと交換したりあげたり。

聖地巡礼
MVや映画などの撮影場所、メンバーのブログで紹介された場所などを巡って写真を撮る。SNSにアップする。そして「なんで同じ場所なのに被写体がこんなに違うんだ…」とちょっと途方に暮れる。

主人公やその仲間の名言(迷言)がいい

一瞬は「おお!」っと思える名言(迷言)を放つのですが…よくよく考えたら、何ドヤ顔で開き直ってるんだ?というシチュエーションや内容が多くて面白い。

ライブ中鼻血を出し一旦外に出るえりぴよ。でも無理をしてライブ会場に戻ろうとしたときの一言。
"舞菜は私がいなくても何も思わないだろうけど
私の人生には舞菜の1分1秒が必要なんです!!"
鼻にティッシュを詰めた状態ですごい気迫…。

先着順で推しとチェキを撮るため、物販の開始時間まで暑い中並ぶファンたち。耐えられず列から抜けようとするファンに向かって古参のくまさんが一言…。
"推しが自分の為だけに使ってくれた時間を保管できるんだぞ!?
いま抜ければ今まで並んだ5時間は無駄になるでしょうが
あなたの推しに対する気持ちは確かなものですよ"
ファンのみんなは暑くて意識もうろうとする中感動…。ちなみに、くまさんとえりぴよは始発から並んでます。

ということで、ちょっとでも気になった方は公式サイトから1話を読んでみてください。現在無料で読めます。

www.comic-ryu.jp

ところで、メンバーのひとりちっちゃなグリーンあーやってももクロ小さな巨人有安杏果がモデル…?

2017年3月に読んだ本

3月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:417
ナイス数:30

時計館の殺人〈新装改訂版〉(上) (講談社文庫)時計館の殺人〈新装改訂版〉(上) (講談社文庫)感想
殺人の理由が見えてきて、ということは犯人は…と絞れてきたのに、上巻の最後に無関係っぽい人がーーー!またふりだしに戻るのか!?このシリーズは読みやすくテンポがいいところが好きです。
読了日:03月26日 著者:綾辻行人


ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)ちはやふる(34) (BE・LOVEコミックス)感想
今回は須藤さんが…須藤さんが…いい。そうだよね。名人やクイーンを目指してるのは新や千早だけじゃないよね…。しのぶちゃんや周防名人も多く登場。千早や周防さんの武器…いつかはなくなってしまうものなのか…。
読了日:03月24日 著者:末次由紀


推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)推しが武道館いってくれたら死ぬ(2)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)感想
1巻も面白かったけど2巻も加速してる。1巻ではファンのえりぴよ視点が多かったけど2巻ではアイドルグループのメンバー視点がメイン。センターのれお…いい子だなぁ。そして総選挙…。推しをセンターにするための壮絶な戦い。えりぴよは過労で負傷し金欠…。貴重な握手会の時間がなぜか毎回臓器の話になるというわけのわからない展開がやばい。さて、総選挙の結果はどうなるのでしょうか?
読了日:03月22日 著者:平尾アウリ


推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)推しが武道館いってくれたら死ぬ(1) (RYU COMICS)感想
KindleUnlimitedで。『アニマゲー』という番組で知り、気になっていたので読んでみました。面白い!私がモノノフなのでアイドルのファン心理がちょっとわかることもあり…。ファンの3人がそれぞれ違った感覚で応援しているので、それがまたリアル。というか全体的にリアル。あるあるとしても楽しめる。主人公が女性ファンのえりぴよというのもいい。というか、百合要素もあったのは驚いた!!えりぴよと舞菜のすれ違いがなんとも…。
読了日:03月22日 著者:平尾アウリ


プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術 中経の文庫プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術 中経の文庫感想
また今年も学生達のエントリーシート添削の時期がやって来た。わかりやすく読みやすい文章の書き方を教えるために再読。読ませる文章に必要なもののひとつは『リズム』らしい。読みやすい文章は読んでいて気持ち良さを感じるが、そういうことか。簡潔さ、削ぐ力、など、添削時にポイントとしていることを再確認。
読了日:03月16日 著者:印南 敦史


逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)逃げるは恥だが役に立つ(9) (Kissコミックス)感想
ドラマではみくりが色々追い詰められてる感じでこちらもハラハラしたけれど、原作は今までとあまり変わらずマイペースなみくりさん。原作はこの感じが好きです。ゆりちゃんのあの名シーンきた!呪い!ドラマではちょっと呆れつつも優しく…だったけど、原作ではなかなかクールでハッとさせられました。ドラマも漫画もそれぞれ面白く、一石二鳥的な楽しみ方が出来ました。番外編はなかなか描きにくいけれど気になる内容をズバッと。この漫画ならではで良かったです。最終巻の表紙がゆりちゃんなのも良かった!!
読了日:03月13日 著者:海野つなみ


趣味の文具箱 Vol.40[雑誌]趣味の文具箱 Vol.40[雑誌]感想
そういえば黒インク持ってない…と、黒インク選びの参考にするためKindle版を購入。マニアックすぎる分析。さらさらかぬらぬらかなど、万年筆・インク沼の住人じゃないとわからないような内容も…。永久保存版ですね、と言いつつたぶん来年あたりまたインク特集出るんだろうな~。買っちゃいますね、毎回…。インクブレンダーの石丸さんのインタビューもあります。インクが落ちないままの手や指にじーんときてしまった…。
読了日:03月12日 著者:


ヒナまつり 12<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))ヒナまつり 12<ヒナまつり> (ビームコミックス(ハルタ))感想
今回も笑った…。他のマンガでは味わえない不思議な感じ…。ヒナが新田のために色々やるけれど、何もかもおかしい…。ラーメン屋台でのアンズと色々な人との交流もいい。年頃のヒナに彼氏が!?と右往左往する人たちも面白い。そして他の組にもヒナのような子供が…!?
読了日:03月08日 著者:大武 政夫

読書メーター

広告を非表示にする